はじめに

皆さまこんにちは!

春の気配を感じられるような日もあれば真冬のような寒い日もありと、寒暖差が激しい今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は私ゆーこが妊婦生活と仕事を両立真っ只中!な名方先生に色々と気になる事をずばり聞いてきました。

今回の話題は働く女性はもちろん、女性社員と一緒に働く男性社員、働いている奥様がいる男性、様々な方に読んでいただきたい内容です!

それでは早速いきますね!!

名方先生×ゆーこ編:まさに今!妊娠と仕事の両立について聞いてみました

ゆーこ:先生に会う度にどんどんお腹が大きくなっていますね、
待望の第一子!私たちももうすぐ会えるの楽しみ!ですが、
今回はまだ私たちアンバサダーにも未知の世界な妊娠について。気になっていることをどんどん聞いてしまいますが・・

名方先生:はい!どうぞ!

ゆーこ:それでは早速。今現在は仕事量と体調とのバランスは取れていますか?

名方先生:はい。

ゆーこ:聞くまでもなかったですね、笑。では、仕事との調整について教えてください。
妊娠が分かってからの仕事の調整はあらかじめご自身で決めていましたか?
それとも上司と相談をしながら都度調整していたのでしょうか?

名方先生:3年前ぐらいから、妊娠した時のことを踏まえて、仕事を組み立てていました。

妊娠してるから業績を落とすようなことはしたくなかった。
でも、無理して、お腹の赤ちゃんに負担をかけるような働き方はしたくない。
でも、妊娠すると通常通りの動けないだろうことも見込んで、稼働少なく、生産性が上がる仕事の仕方を試行錯誤し、昨年ぐらいから、実現できるようになりました。

また、いつぐらいに妊娠したいと上司や同僚には2年前ぐらいから伝えていました。
なので、妊娠した時は、上司も喜んでくれました。
一人でできる範囲は限られていると感じていたので、自分の叶えたい世界観を一緒に追ってくれる仲間を増やすこともしました。

ゆーこ:いきなりもうさすが、という言葉しか出てきません。。ちゃんと事前に妊娠してからも働きやすい状況を作っておく。
頭ではわかっていてもなかなか出来ている人は少ないのではないでしょうか。参考になります。

では、体調の変化でしんどかったことは?また、何か周りにして欲しかったことはありましたか?

名方先生:悪阻もなく、比較的ラクな妊娠生活を過ごしていると思いますが、天気が悪い日などに頭痛がひどかったり、疲れやすくなったり、睡魔に襲われる事は多いです。

周りにして欲しかった事…特にこれと言ってないのですが、仕事に関しては、「妊婦だから、これぐらいしかできない」と思わず、妊婦だからこその可能性を見てほしい。主人に関しては、絶対的に肯定してほしい…ですかね(笑)ホルモンバランスが崩れて、メンタルが崩れる時があるので、そんな時でも温かく包み込んでくれたら、最高ですね(笑)

ゆーこ:なるほど、そうなのですね。あまりご無理をなさないでくださいね。
って、最後の文は男性の皆さまぜひ今すぐインプット!笑

では、そんな新しい命が宿っている今、仕事と体調のバランスの整え方、気をつけていることはありますか?

名方先生:夜、仕事をしない。
元々朝方であったので、0500に起きることは変えず、夜は2230には寝てる事が多いです。
本当に疲れやすくなるので。
となると、通常夜にやっていた仕事をどうやったら、朝や昼に回す事ができるのか…を、
脳みそに汗をかきながら考えました。
私の仕事は、夜に入る事が多いのですが、そういう仕事であっても、考えて考えて考えれば、自分の望んでいる仕事の仕方が見つかります。

なので、皆さんも、「私の仕事では無理だ」と諦めるのではなく、『どうやったらできるのか?』を、これ以上考えられないと思うぐらい考え尽くしたら、必ず道は開けると思います。
もしできなかった場合、想いが薄いか、考え尽くしていないと思ってください(^ ^)きついこと言って、すみません。。

ゆーこ:いやいや!心に響くことばかりです!名方先生らしいといいますか、
まさにロールモデル!!この仕事では無理、という言葉はよく聞きますが、
事例が少ないことなど環境のせいにするのではなく、どうやったらできるのか、私自身も日々
考えていることです。
ではもし、直属の部下・後輩の妊娠が分かったとしたら、本人にアドバイスするとこは何ですか?
また周りの職場の人にお願いする事は何ですか?

名方先生:突然の妊娠は、対策が取りにくいと思います。体調が悪くなったりするので、
思ったように生活できない方も沢山います。
ですので、いつか妊娠したいけど、仕事も頑張りたいと思っていらっしゃる方は、
『妊娠後の自分の仕事スタイル』について考え、それを実現可能な働き方を今のうちから想定し、自身に力をつける事をオススメします。

周りにお願いしたいことは、妊婦さんがどうしたいのか?を聞いて、サポートしてあげて欲しいです。
今まで通り仕事も頑張りたいと思っていたら、それを叶えるために伴走して頂きたいですし、
この時期は仕事のペースを抑えて、お腹の赤ちゃんに専念したいと思っていたらそれを叶えてあげて頂きたいと思います。
後は、風邪を引かない、タバコは吸わないのは、お願いしたいです(笑)

ゆーこ:まさにこの前の勉強会でお話しされていたことですね。私も社内の女性社員のサポートしていきたいです。
もうすぐ出産を控えておりますが、復帰後どんな風に仕事と子育てを両立していきたいでしょうか?

名方先生:私は欲張りなので、仕事も自分の叶えたい世界観を叶えるために手を抜きたくない。
でも、子育てもちゃんとしたいと思っています。
幸いにも、今の私の仕事環境は子どもを産むことに寛大ですし、私が求めている事を叶えてくれようとしてくれる
上司に恵まれていると思います。
ただ、元々環境が整っていたのかと言われるとそうではなかったと思います
私がどんな人生を歩みたいか、仕事はどうしたいか、会社の為に私にできる事はなにか、
その為に付けないといけない力は何かを考え続け、行動してきた結果、
自身でその環境を少なからず作り上げてきたと思っています

きつい事を言うようですが、今の環境に嘆く前に、自分が欲しいものだけ求めるのは私は違うかなぁと思っています。
私みたいな会社員として働いている人間でも、働きやすい環境を頂けるだけの貢献を今までしてきたか…を考えた方がいいと思います

会社にとって、絶対に必要な人材だと思ってもらえれば
一社員の意見でも会社の体制は変わると思っています。私はその先駆者となり、道を切り開いていきたいなとおもっています。
ちょっと質問からはずれた回答になってしまいましたが…復帰後も、妊娠前までの業績よりも上回り、
夜は働かず(昼間はシッターさんかな?)子供との時間を大切にして、

社会貢献(世の中のサラリーマンの方々の人生を豊かにする)活動は今後も全力でやりたいと思います。
今後の名方朋世に乞うご期待を(^ ^)!!

ゆーこ:最後の最後まで本当にほんっとうに先生らしく、また私自身目指したい姿・・とても感銘を受けました。
お忙しい中ありがとうございました。

いかがでしたか?

働く女性はもちろん、女性社員の部下・同僚を持つ方々、働く奥様がいる旦那さま、

まさに今・生の声を聞いていかがでしたか?

私自身とても興味ある話題ですが、こんなに生々しく、また刺激を受ける内容は初めてです。

皆様にとって少しでもお役に立てたら幸いです。

次回勉強会のお知らせ

次回は2月17日(日)10:00~

「自信の育て方&スケジュール管理」をテーマに勉強会実施します。

お申し込みはこちら

※来月3月10日(日)の勉強会は私ゆーこが講師します!
「自分の価値観を知る」「相手に伝わるコミュニケーション」について、楽しくワークをしながら講義します。

皆様のご参加お待ちしております!